2011年 02月 13日

干渉

b0178615_22381036.jpg

先週五月山公園に行った帰りに気がつきました。
サイクルコンピュータが夜になると動かなくなる理由。
BD-1につけているのと全く同じでキャットアイのワイヤレスのサイクルコンピュータCC-RD300Wと言うやつですが、
BD-1のほうはちゃんと動いているのにロードバイクFELT F75につけてるほうが夜になると反応しなくなる。
不良品かなのか、電池が少ないのか、いろいろ疑ってみたが動かなくなるのは復路で往路は大体ちゃんと反応している。
それが五月山公園からの帰り道、暗くなってきたのでライトをつけた瞬間、あ、サイコン止まった。
そう、ライトと干渉していたのだ。ためしにライトを消すとちゃんと計測する。
このライトは自転車を買ったときに奨められたDOSUN(ドゥーサン(ドスンじゃないよ))のS1とか何とか言うライト。
ネットで検索すると、具体的にそうなったと言う記述は見つからなかったけど、そういう可能性があると言うことはいろんなところで書かれている。
明るいのはいいのだけどそんな弱点があったとは。
少し離せば干渉はなくなるけど、どれぐらい離せばいいかはこれから実験しないと。
あーいじるのめんどくさいなあ。

このDOSUNのS1は電池が減るのもめちゃくちゃ早い。
大体走るのほとんど街中だし、仮に真っ暗な道ならいくら明るいライトって言っても昼間と同じようにとばすのは無理だろうし、
対向車への注意だけならこんなにまぶしいライトじゃなくてもいい。
もっと普通のそれこそホームセンターとかで980円ぐらいで売ってるようなのでよかった気がするけど...、

でもEVOLTA (充電式)買っちゃったんでしばらくこれで行くだろう。

カメラ  PENTAX K-x
レンズ  smc PENTAX-DA L18-55mmF3.5-5.6AL
撮影地 池田 


にほんブログ村 写真ブログへ ←押しとおくれやす
[PR]

by tom_nish | 2011-02-13 22:56 | PENTAX K-x | Comments(0)


<< F75フロントフォーク交換問題      暗室 >>