2011年 04月 25日

Chrome Kursk SPD

b0178615_232171.jpg

クローム クルスク SPD ブラック
サイズは8.5(26.5) コンバースAll sterが8(=26.5)なので、同じ26.5でもそれよりは少し大きいサイズ。
でも8にしてキツキツだと嫌だったし、履いてみて少し大きいと言えば大きいが気になるほどではない。

去年11月にロードバイクに乗り始めてから慣れるまではと思って普通のスニーカーを履いていたんですが、
ペダルも片面はビンディング用(ペダルと靴を金具でくっつけて引き足でも自転車を漕げるようにしたやつ)にしてたので、
そのうちビンディングシューズ(SHIMANO SPD)は欲しいなあと思っていました。
しかし立ちごけへの不安とか、普通のスニーカーとして履けるようなデザインのものがあまりないとかの理由で
なかなか購入にいたってなかったんですが、メッセンジャーバッグで有名なCHROMEというメーカーから
(というか私のバッグもここのですが)丁度こんなのが出たのでとびついてしまいました。
デザイン的には真っ黒でないのでハイカットがいいなと思いましたがそういうのを待ってても
出るかどうかもわからないのでとりあえずはこれで満足することにする。

シマノから出ているスニーカータイプのに比べれば少し重いですが、予想してたよりは軽い。
見た目重視なので十分納得できる範囲。

ただちょっと困ったのは、SPDの金具って地面につかないもんだと思ってたんだけど思いっきり付いちゃうんですよね。
(SPD自体それが普通なのかこの靴がそうなのかよくわからない)
とにかくカチャカチャと歩きにくいし、床の仕上げが石やフローリングなんかだと
かなり気を使わなければならないだろう。
ロード乗ってる人が自転車を降りたときに、いかにもな靴でつま先を少し浮かせてカチャカチャいわせて歩いてるのがどうもイヤで、
普通のスニーカーとして(見た目も含めてね)サイクルショップはもちろんそれ以外の普通の
建物の中でも歩きたいという願望があったんですが、少し難しいかもしれません。
ネットでググって見ると数年前には海外メーカーでこの金具に付けれるカバーを売っていたみたいなんですが、
いまは製造をやめたのか輸入してないのか、ちょっと売ってるのは見つかってません。

CHROMEのホームページの説明書きにはビンディングシューズとして使わないときは
カバーをつけて普通のスニーカーとして使えるって書いてあるけど、
予想はしてたけどそれはあくまで金具を外してカバーに付け替えた場合ってことだから、
実際に出先でそんな面倒くさいことできないしね。

b0178615_2314213.jpg


とりあえずクリート(靴につける金具)付けて履いて、家の前を少し転がしただけで、
まだどこにも行ってないから実際使った感想はまだ書けませんが、また気が付いたことがあれば
感想とか書くかもしれません。

カメラ  PENTAX K-x
レンズ  smc PENTAX-DA 35mmF2.8MacroLimited
撮影地  自宅前

にほんブログ村 写真ブログへ ←押しとおくれやす
[PR]

by tom_nish | 2011-04-25 23:13 | 雑記 | Comments(0)


<< BD-1コロのガタガタ音問題 ...      帰り道で会った猫だろ >>